MSDNアカデミックアライアンスELMS校内認証統合

last updated on 2008/12/10

 2008年9月からMSDNアカデミックアライアンス(MSDN AA)を利用するためには
利用者をHosted ELMSサイトへ登録することが義務化されました[1].利用者登録
の方法の一つに,「校内の認証を統合」があり,利用者の認証を学内のサイト
で行う方法がサポートされています.
 しかしながら「校内の認証の統合」についての[2]のドキュメントでの解説は手短で
なかなか難しいものです.別に英語のドキュメント[3]もあり,こちらでは実際のコード
が例示されており,これを参考にすることで実際のサイト構築を行うことができます.
本気で実装しようとすると単なる認証だけでは足りず,データベースと組み合わせ
た形を取らざるを得ません.またアクティブディレクトリを検索しデータベースを整備
するための補助プログラムも 必要になります.
 あちこち検索してみたのですが,あまり情報が無いようなので,なにかの一助に
なればと思いPDFとして置きます.よろしければご利用ください.
解説のPDF: MSDNAAELMS.PDF

コード: code.lzh
(そのままでは動きません.最初と最後にTeXの命令が入っていますのでご注意ください.漢字コードを適宜UTF8にする必要があります.)
1. 「Hosted ELMSを利用した学生(アカデミックユーザー)使用許諾の有効化」
http://www.microsoft.com/japan/academic/elms/easy_guide/u_reg/default.mspx

2. 「MSDNAA Hosted ELMSソフトウェアソリューションを有効にする」
http://www.microsoft.com/japan/academic/elms/manual/default.mspx

3. 「ELMS-MSDNAA Integrated User Verification Customer Implementation Guide Version: 3.9」
http://support.e-academy.com/admin/MsdnaaSupportDocuments.cfm
山形大学工学部電気電子工学科 奥山澄雄7(sumio@ieee.org)

一つ上へ戻る